くまもと玉名の柳屋茶舗へようこそ!

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ (ログインしてからのお買い物でポイントが付きます。)
メールアドレス
パスワード

商品検索 (キーワードを入力して検索ボタンを押してください。)
キーワード
価格範囲
円〜

柳屋茶舗 商品カテゴリ

これはオトク!ポイント5倍セール♪

お茶

京都宇治 山政小山園製のお抹茶など

茶道具 小物類から創巧野々田製の風炉や炉壇など

健康茶

昆布茶・梅こぶ茶など

お茶ギフト・椎茸ギフト・湯呑みギフトなど

お茶ギフト・椎茸ギフト・湯呑みギフトなど(価格別)

氷カフェ

8秒パスタ

熊本ラーメン・玉名ラーメン

高瀬飴

緑茶石けん・緑茶シャンプー

茶箱

お菓子など

特産品など

その他(茶香炉や作務衣など)

バーゲン品・お買い得品など

リンク・相互リンクについて

商品詳細

【柳屋4月のプレゼント】 こってりウマい玉名ラーメン 【注文で応募】


クリックで拡大します。
クリックで拡大します。
クリックで拡大します。
商品名 【柳屋4月のプレゼント】 こってりウマい玉名ラーメン 【注文で応募】
定価 0円
販売価格 0円
メーカー
送料区分 送料込
配送タイプ 佐川急便(通常)
ポイント 0ポイント

数量:

このページはプレゼント企画専用の応募ページです。
このページで注文してもタダで商品が届く訳ではありません。

★応募方法

商品価格0円で商品を登録しております。
この商品をご注文いただく事でプレゼント応募できるという仕組みです。
この商品をご注文いただき、その際に「メルマガ配信:希望する」を選択してください。
それだけでOK!
既にメルマガを受信されているお客様もご応募可能です。
メルマガ配信をしていたか覚えていないお客様は「メルマガ配信:希望する」を選択してご応募ください。

【 応募締切 : 4月30日 】
【 当選人数 : 1名様 】

当店のプレゼント企画、当選確率は激高です(笑)
ドシドシご応募くださいね!

今月の賞品はコレ!

熊本元祖!熊本ラーメンのルーツと言われる

玉名ラーメンを2箱セットで1名様にプレゼント♪

 

■1箱当たりの内容量(3食入)

 

◆半生めん

 : 110g×3

◆特製スープ

 : 75g×3

◆ネギ入り焦がしニンニク

 : 5g×3

◆有明海産のり

 : 2枚×3

 

参考重量:700g(箱含む)

 

熊本のラーメンの歴史は、昭和二十七年玉名駅前への三九ラーメンの出店から始まった。

歴史と共に進化して来た玉名ラーメンとそれを支えた名店。

今、新たな物語が始まる

 
当選発表・賞品発送について

当選者の方にはメールにてご連絡を差し上げます。
当店からメールが届きましたら、5日以内にご返信ください。
ご返信が無い場合は無効にさせていただくことがあります。

賞品発送は佐川急便となります。

★ご注意・お願い

お支払い方法は何を選択されても問題ありません。
(プレゼント応募なので料金はかかりません。)

応募は同一ご住所、同一お名前で一回限りです。
抽選の際「メルマガ配信:希望する」お客様が抽選対象です。
ご応募いただいたお客様は当店からのメルマガ受信に同意されたものと致します。

★お約束

ご応募いただいたお客様メールアドレス等は、お客様から同意いただいている場合や法令に基づき開示を請求された場合など正当な理由がある場合を除き、第三者に提供・開示致しません。


皆様のご応募お待ちしております!

■玉名ラーメンとは?

 

 濃厚な豚骨味が人気の熊本ラーメン。そのルーツは玉名ラーメンにあると言われる。玉名には中心部だけでも十数軒のラーメン屋がひしめき、昼時や休日には長い行列ができるところも少なくはないが、その始まりは一軒の小さな中華そば屋からだった。

 一九五二年(昭和二十七年)、当時の国鉄高瀬駅、現在のJR玉名駅近くに、中華そば屋「三九」がオープンした。当時福岡久留米で繁盛していた屋台ラーメン店の玉名への出店は、その味に惚れ込んだ知人が熱心に誘ったからだったと言う。当時の玉名の町では、豚の骨を煮詰めた白濁スープの濃厚な味は新鮮で、すぐに評判となり連日大勢の客で賑わった。その「三九」の店主四ヶ所日出光さん(八十一)は現在も佐賀市中の小路に本店を移し元気に営業を続けられている。当時の玉名店の話を聞きに、その四ヶ所さんを訪ねた。

 「五十円もあれば食えるラーメンは当時大人気!いすが店外まではみ出すこともありました。当時の玉名にはネギがなくニラを代用したこともあってねぇ。また、あの頃は自家製麺を運び込むためにほぼ毎日単車で久留米まで往復してたんですよ。いや〜懐かしいなぁ」

 開店間もなく「玉名に旨いものがある」と聞いて青年三人が熊本市内からやって来た。その三人が「三九」の味に感動し、その後熊本にそれぞれ「こむらさき」「味千」「松葉軒」を立ち上げた。それが熊本ラーメンの始まりとされている。「三九」はなぜか三年あまりで玉名店をたたむが、玉名(当時の高瀬)に大きな食の足跡を残した。

 それから時を経て、玉名の各ラーメン店主たちの努力とそれを支えた玉名のラーメン好き達により、現在の玉名ラーメンへと発展した。

 玉名のラーメン店では、大体ラーメンが出てくると必ず「ニンニク入れますか?」を聞かれるが、好みで「はい」「いいえ」と答えましょう。

 しかし、玉名ラーメン好きは、当然ニンニクは「はい!」です。

 

玉名ラーメンを愛する者一同

 

◆こちらもご覧ください。

  玉名ラーメン協議会公式サイト

  玉名ラーメンヒストリー